ミュンヘン空港でリモワ購入

img_2503

乗り継ぎのミュンヘン空港でリモワを購入してきました。

ミュンヘン空港第2ターミナル4FにあるLufthansa WorldShopでは
ルフトハンザモデルの限定リモワを購入することができます。
同じお店がフランクフルト空港にもあります。

今回は、ミュンヘンでの乗り継ぎが3時間ほどあったので、ショップに
行ってみることに。
お店は制限区域外にあるので、一度入国をしました。同じEU内から
来ているので入国審査などは不要。

ブダペストからのルフトハンザのフライトはターミナル2に到着。
出口へ向かうため、空港内の電車に乗り1駅。出口まではちょっと歩きます。

制限区域外に出て、チェックインカウンターの横のエスカレーターで1つ上の階に
上がれば目の前にショップがあります。

img_2404

 

店内はリモワがいっぱい!

img_2409

img_2407

 

真ん中の、ハンドルが皮のがかっこいい(けど予算オーバー)

img_2406

 

購入したのは上の段の右から4つ目のエアライトのネイビー。
機内持ち込み用サイズの32リットルで、マルチウィール(4輪)。
お値段は409ユーロ、ここから11%の税金が戻ってくるので364ユーロ。
安すぎる!

img_2408

 

在庫に新しいものがあるというので、そちらを出して来てもらい購入しました。
税金を戻してもらう書類もお店の人が準備してくれます。
購入時に今から搭乗するフライトを聞かれ、搭乗ゲートから一番近いタックス
リファンドの場所をメモして渡してくれました。
お店のおじさん、とっても親切でした。

購入したリモワを持って、制限区域内に戻ります。
ミュンヘンから羽田までのチケットはブダペストで発券済みなので、
チェックインカウンターには行かず、そのまま手荷物検査、
パスポートコントロールへ。
買ったスーツケースは機内に持ち込みました。

ルフトのカウンター前で記念撮影^^

img_2411

 

搭乗するフライトはANAで、ターミナル2のゲートH32。
タックスリファンドの場所はH28の近く。

img_2412

 

ここでレシートにハンコをもらいます。
買ったものを見せるようには言われませんでした。
19:30頃だったのですが、並んでる人がいなかったのですぐに終わりました。

img_2413

 

次に、返金してもらうため銀行へ。
H30近くのこの青い銀行です。
現金で戻してもらう場合はユーロか円が選べます。
クレジットカードに返金してもらうことも可能ですが、ちょっと時間が
かかるようです。
私は円を現金でもらったのですが、45ユーロのリファンドで、もらったのは
4000円と数ユーロ分のコイン。
今は円高なので、ユーロで貰えば良かったと、後で後悔。

飛行機がミュンヘンに到着してから、入国、購入、出国、返金まで
1時間かからないくらいでした。

img_2415

 

一緒に帰国したリモワ。

img_2501

img_2505

 

ルフトのロゴ

img_2504

 

中もルフトのロゴが入っています

img_2507

 

帰国早々、持って帰ってきた荷物をそのまま年末のキューバ旅行のために
パッキングをしてみたのですが、10日間の荷物がスーツケース半分で
収まってしまいました。
本当はパイロットトローリーが欲しかったのですが、29リットルは少ないかなぁ
と思い諦めたのですが、全然いけたかも。

左は彼が愛用しているトパーズ。
機内持ち込み用サイズで44リットル。
こちらもヨーロッパで安く買ったものです。

imgp6599

 

今回の旅はボストン一つだったのですが、プラハ、ウィーンで
ロッカーが見つからず、荷物を担いだまま数時間歩く羽目になったため
スーツケース購入を決意。ちょうどミュンヘン乗り継ぎだったので
リモワがお得に買えてラッキーでした。

これからたくさんの旅を共にする相棒、よろしくね。

img_2506

 

2017年5月にミュンヘン空港でクラシックフライトを購入した記事はこちら。

 

Lufthansa WorldShop
ミュンヘン空港ターミナル2 4F Departure, Gate G
7:00 a.m. – 9:00 p.m.

 

 

広告

ミュンヘン空港でリモワ購入」への4件のフィードバック

  1. 自分はANA×RIMOWAのコラボモデルを使っているのですが、中までLHのロゴ入りはビックリ!ANAモデルはRIMOWAロゴでした。
    しかし、そのサイズで10日分の荷物が入るって、スゴいなぁ。

  2. プリゴンさん、こんにちは!プリゴンさんがお持ちのANA×リモワもかっこいいですよね!
    でもこちら、今はもう手に入らないんですよね。うちの彼もルフトモデルよりもANAの方が欲しいと
    言っていましたが、日本で買うとお値段が…
    今回購入した32リットル、私には大きすぎるので、次回のヨーロッパではドイツ経由にして
    パイロットトローリーを買うつもりです。
    プリゴンさんのリモワは何リットルですか?何度か話題になったロストバゲッジが怖くて
    荷物は絶対機内持ち込みにしたいです^^

  3. 私が使っているANA×RIMOWAは、サルサキャビントローリー2輪が33L、サルサマルチホイール4輪が63Lです。週末や3連休は33Lで行きますが、夏休みや年末年始は機内持込不可の63Lの出番です。
    キャビントローリーで1週間の荷物とか、自分にはゼッタイ無理なので、尊敬しちゃいます。

  4. プリゴンさんはリモワ2つもお持ちなんですね!
    私は暑いところにしか行かないので、いつも荷物が少ないのですが、プリゴンさは北から南まで色々行かれているので、特に寒いところへ旅するときには荷物増えちゃいますよね。
    今回のキューバは行きと帰りに極寒のトロントで2泊なので、先日初めてのヒートテックを購入しました。トロントの週間天気予報見ると、最高気温1度、最低気温が-20度… 
    これを見てすぐにムートンブーツも買い足しました…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中