オランダの小さな街で思ったこと

知人の住むBergen op Zoomでは2泊しました。
ベルギーとの国境近くにある、海の近い小さな街です。

このあたりの人たちは比較的若い時に結婚し、30代ではみなさん
家、車、船を持っているのだそうです。
一般的な収入は日本のほうが高いのですが、人生に対する充実感からすると、
オランダの人たちは本当の意味での豊かな人生を送っているなと強く実感しました。

知人のおうちの、いろんな植物が自由に伸びている、そんな魅力的なお庭で
お茶を頂きながら、お金をたくさん持って、便利なモノにあふれた生活、
そんなものは本当の豊かさではない、ということを改めて実感しました。
これって2011年の震災後や、インドから帰ってきたときにも思ったんだっけ。

知人のお庭でお茶の時間。

あと、オランダで思ったことは女性が自立しているということ。
私が出会ったオランダの女性はみんな職業を持っていて、
定年まで働くのが一般的なのだと言っていました。

本や映画で見るだけではなく、自分の足で行って、自分の目で見て
感じることってやっぱり大事。
「地球の歩き方」からは得られないオランダの魅力をたくさん
感じることができました。
オランダを訪ねたことで大きく自分の今後の人生観が変わりました。
オランダに来てよかった^^

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中